うちにきてくれてありがとう

2019.09.10 Tuesday

0
    JUGEMテーマ:文鳥さん
     
    まだ気持ちがふわふわしている所があるのですが
    日が経ちすぎて書きそびれちゃうのも嫌だなと思ったので書き留めておこうと思います。
    8月下旬、朝起きたら愛鳥が亡くなっていました。
    朝起きて発見した時にはまだ身体に温もりが感じられましたが、いつもの温かさ程じゃなかったので暫く時間が経過していたんだろうと思います。
     
    ショップで雛をお迎えしたので生まれた正確な時期はわからないけどもうすぐ4歳になるところでした。
    人間の年齢に換算すると36〜44歳くらいと思われます。
    いつかは直面する事とはいえ平均寿命にも満たないのでまさか思いもよりませんでした。

    まだこれを書いている時点でどこか気持ちがふわふわしてる感があるのですが、
    この日は身支度を整えたらホームセンターまで陶器製の植木鉢と腐葉土を買いに行きました。
    そして大好きだった豆苗や粟穂、普段食べているご飯と一緒に埋葬しました。

    育てているお花が綺麗に咲いていたので手向けました。
    家族がお線香と一緒に般若心経を唱えてくれました。
    一緒に居た時間はそう長くなかったのかもしれませんが、
    とっても愛らしくて小さいのに温かくて存在感のある小さな小さな同居人でした。
    うちに来てくれて本当にありがとう。

    この日は猛暑日で暑かったけれど、綺麗な空でした。
    虹の橋を渡ったら、ご飯沢山食べて水浴びして遊んで待っててね。