雛の顔を見に行く

2015.12.05 Saturday

0
    連絡を貰ってから一週間経った休日で、ショップに文鳥の雛を見に行きました。

    調べてはいたけど、実は初めて行くショップです。
    私が住んでいる地域では結構有名なショップらしいですが、電車で2時間くらいかかる所にあり正直迷子の不安もありました。
    前日にスマホの地図アプリ入れておいたのが非常に助かった。
    アナログな地図だったら音痴だからダメだったと思う絶対w

    ショップには外にもいくらかのケージが出されていて、日向ぼっこなのかな?
    色んな種類の鳥さんが居てテンション上がった。

    今は鳥を扱っているショップ自体があまり無いので、予めネットとかで調べないと見にすらいけない。
    ホームセンターに併設してある店舗なんかは犬と猫ちょっといる程度だしね。
    (鳥と決める前は、ハムスターやリス、モルモットとか調べてたので扱ってるショップ探すのが個人的に大変だった)
    無事に着いたショップでは、連絡頂いた通り文鳥の雛が沢山入荷していました。
    白と桜、シルバー、シナモンの主流4種が揃ってましたが、今回問い合わせたのはシルバーの子でした。
    元々二羽しか居なかったようで、先にどなたかが一羽お迎えした後らしく残り一羽になってました。

    まだ二週間くらい?で、ふごの中に入ってたのをフタを開けて見せてくれたあと、
    シルバーの子を手のひらに乗せてくれました。

    まだ完全じゃないけど羽毛は結構生えていて、ちっちゃくてふわふわでした。
    可愛い、手のひらサイズで仄かにあったかい。

    餌を貰った後だったからか、大人しくて後ずさりもせず。

    飼育書なんかに載っている「いい雛の選び方」を1つずつ確認するほど
    比べる対象も居ませんでしたが、この子に決めました。
    足のしっかりした子とか…えっ そんなの見てらんないけど!って感じに…(笑)

    この雛に決めて、まだ4、5回くらいの挿し餌をしているそうだったので
    2回餌になるまではショップで預かって貰うことにしました。

    恐らく12月の下旬くらいになるかな?って感じ。
    コメント
    コメントする